0

ui.general.shows > Noisey

NOISEY 028: OFF WITH THEIR HEADS

日付: 2010-12-04 | ベニュー: Weisman Art Center | ロケーション: Minneapolis, USA

Off With Their Heads

不規則なスケジュールが続き、短期間で大量なCDをリリースしたため、ミネアポリス出身のOff With Their Heads と言うパンクバンドは図体ばかり大い飲んだくれと、言ったイメージを与えるようになってしまった。見た目は労働者っぽいイメージなのに、 リードボーカルのRyanYoungは疲れ切った暗い感じの歌を、心の底から絞り出すような声で歌う。彼らは主に愛や失恋、行き詰まった人生や新たな始まりについて歌っている。JawbreakerやHot Water Music と同じ疲れた正直さを持ってるからOff With Their Headsは聴く人を魅きつけるのだろう。だからこそ今日のポップパンクにおいて歓迎されているのだと思う。

十年間もずっと頑張って来て、彼らはやっと成功した。バンドメンバーが次から次へと変わったが、NoIdeaやEpitaphとともに新しいレコードをリリースして、今は90年代後半のエモポップパンクのジャンルの一端を担うようになった。(このジャンルに入るバンドは沢山あるが、皆「エモポップパンク」と呼ばれるのを嫌がっている)Weisman Art Center でのライブをNoiseyが録画したが、この会場は、普段彼らが演じる所と全く違った。このシュールな現代美術館は有名なFrank Gehryに設計したもので、年末に彼らのWAMarchyと言うイベントをホストしたのだ。スポンサーがそこに来てギャラリーでアートを見ながら食べたり飲んだり踊ったりできるようになっていた。普段そんなことは禁止されてるから、この黒づくめの変わり者四人グループは、調子に乗って、カクテルパーテイ用の服を来たスポンサーだけでなく、労働者風の小汚い格好をした仲間たちも

アーティスト情報

出身地

Mexico City, Distrito Federal, MX

メンバー

Ryan Young, Justin Francis, Zack Gontard, Robbie Swartwood

レーベル

Epitaph

ホームページ

http://www.myspace.com/offwiththeirheads

Twitter

twitter.com/OWTH

Facebook

http://www.facebook.com/owth42069?v=info

Comments